AE86 クラッチ系統リフレッシュ&ORCのメタルへ

AE86
クラッチ操作に支障があり、お預かりのレビンAE86です。
こういうクラッチ操作など何気ない扱いにくさでストレスを感じ、乗るのも遠のきがちになり放置に繋がってしまいます。

オーナーさんと相談し、思えばクラッチまわりはノーメンテという事ですので、今回クラッチまわりのリフレッシュを行う事にしました。

まずはクラッチマスターシリンダーとレリーズシリンダー。これらの交換です。何年も前の車ですので部品の扱いが心配でしたがまだ有ってよかったです。

外したマスターはオイルも黒く細かなカスが見られます。
この小さいカスがシリンダーのシールなどを傷つけてしまい、シリンダーの中でリリーフしたりしてしっかりと圧を伝えることが出来なくなります。
クラッチペダルの踏みしろが変わったり、ペダルを踏み続けていても時間が経てば繋がってしまったり、、、、
ストレスしかありません(^^;)


新品のクラッチマスターシリンダーとレリーズシリンダー。

交換し、フルードも新品に入れ替えてリフレッシュです。

そして、今度はクラッチ本体の交換です。
繋がる際に酷いジャダ、というか半クラッチ域で繋がったり切れたりと変な当たりを感じます。そして急激なつながりで扱いにくい。
いつの物か分からないクラッチということです。
バラしてみると、フライホイールの当たり面が思いっきり減って段になっています。

カバーも同じく当たり面は減っています。

ディスクはメタルが入っていますが減ってしまっています。酷い反りかと思いましたがそこまで酷くありませんでした。

原因はフライホイールとカバーの当たり面の酷い減りとディスクの減りによるものでダイヤフラムの角度も急な物になってしまいます。
当たり面が悪いこともあり、半クラの位置でディスクが当たる部分と当たらない部分が出てしまいます。そしてつながる時には減っているので急激につながるので、扱いにくいものになってしまっていました。

ベアリングも消耗品です。

フライホイール、ディスク、カバーをそれぞれ交換することを考えると、クラッチキットの方がお得です。
今回装着するのは街乗りで扱いやすくおすすめのORC(オグラクラッチ)のクラッチキットです。
案外安いんです。




86用はレリーズベアリングも付属しています。

フライホイール

ディスクはメタルのシングル

カバー

ミッションのハウジングや外観も洗浄して組みます。
新品ベアリング

以前とは比べ物にならない扱いやすさでストレスのない仕上がりです(^^)

クラッチまわりのリフレッシュで、また新たな気持ちで86と付き合えると思います(^^)

関連記事

ブログ

アーカイブ

PAGE TOP