S2000 トラクションアップ加工 & アッパーアーム取付部補強

遠方からのご依頼、ありがとうございます。
まだ購入されてほとんど乗っていないというシルバーS2000。

S2000の当店おすすめ作業のひとつ、
リアトラクションアップ加工のご依頼です。

現在は車高調が入っている状態で、リアは調整式のトーコントロールロッドが入っています。

今回リアの作業とともにフロントも作業を行います。
それはAP1のウイークポイント対策、アッパーアーム取付部の補強です。

通常は取付部がこのような状態です。
アームに負荷がかかりますので、取付部の板がよれてしまい、アームもよれてしまい、最悪はよれとともに剥がれてしまったりということにも。

ですので、プレートを追加しよれなくしてやります。
その為にもアームを取り外し、溶接箇所の下処理です。

そしてアームの可動範囲も考えて、プレートを用意してしっかりと溶接します。
サーキット走行など負荷の大きい走りの場合は必須です。

そしてリアのトラクションアップ加工。
これは施工されたオーナーさんが確実に体感して満足してもらってるメニューです。
立ち上がりでしっかりとアクセルを踏んで立ち上がっていける楽しさと安心感。
デモカーS2000も当然しています(^^)

リアメンバーをおろし、アーム類を全て取り外します。

そしてリアの足の動きをトラクションがかかる方向にするために加工していきます。
なかなかこれが大変な作業なんです(^^;)

足を外して、仮付けして、干渉なども考えて位置を決め、バラシて、加工して、取り付けて、、、、という風な感じです。
ついでにアームまわりも掃除してメンバーも塗装して綺麗に仕上げています。

そして取り付け後は、大事な大事な4輪アライメント。
調整して試運転して、調整して確認。

今回は前後キャンバー3度程に合わせています。
トーもフロントはトーアウト、リアはトーインに調整。
オーナーさんのフィーリングが楽しみです(^^)

関連記事

ブログ

アーカイブ

PAGE TOP