Z33 クラッチトラブル、、、 ATSツインメタルへ

走行会前の赤のZ33の作業ご紹介。
今回のファクター走行会でNAクラス3位獲得です(^^)

しかし、走行会の1週間前、鈴鹿サーキットでエンジントラブルを起こしていたんです、、、、、

オイルが漏れています、、、、、オイルとミッションのあたりからエンジンオイル漏れ、、、
よく見ると、、、、、ミッションのハウジングが割れている?!
ミッションをおろします。
するとそこら中傷まみれ。

クラッチカバーのダンパーが無い、、、、


ダンパーが飛んで暴れまくって傷付けたんです。
そしてここ。
オイルパンにブスッと穴をあけて
オイル漏れさせたんですね、、、、

元々付いてあったクラッチ。
純正でもない純正タイプのクラッチでした。
当たり外れなのか、スポーツ走行に適してなかったのか、こういう不具合を起こしたんだと思います。
オーナーさんのドライブもしっていますし、サーキットを走ってすぐになったということですので、乗り方とかではなく部品不良ですね。
この状態で振動もないですし気付かないので、もしかしたらと色々と考えますが、
サーキットに行く前からすでにこの状態になっていて、サーキットでアタック1.2周をした際に、ダンパーが前後左右に暴れまわりエンジンオイルパンに突き刺さった可能性もあるのかなと思いました。

とにかくエンジンを降ろしてオイルパンをバラします。


穴のまわりを処理してアルゴン溶接で修理です。

ミッションのケースも走行会に間に合わすためにも修理です。


下処理して当て板の用意してアルゴン溶接です。



そして、エンジンが降りている間に出来る作業で、
ローテンプサーモスタットに交換です。

そして破損しているクラッチに変わり、ATSのツインメタルクラッチに交換です。


ツインで踏力も軽いので扱いやすいです。

そしてレリーズのスリーブとベアリング

エンジン始動。

試運転して完成。

そして、ファクター走行会でセントラルサーキットを全開走行してもらい、
模擬レースも楽しんでもらいました(^^)

関連記事

ブログ

アーカイブ

PAGE TOP