放置シビックEG6⑥B16A リフレッシュ+α エンジン

先日から紹介している黒色EG6のリフレッシュ。
前回の紹介はB16Aエンジンオーバーホール、腰下のご紹介

リフレッシュしたヘッドと腰下を組んでいきます。

今回、カムはEG6のB16Aノーマルカム。
カムプーリーはTODAの調整式カムプーリーです。バルブタイミングを調整出来ます。
バルブタイミングでエンジンの味付けが出来ます。

オイルパンはサーキット走行を見据えてバッフル加工しています。
コーナリングGによるオイルの偏りによるオイルのエア噛みを防ぎます。

ヘッドカバーも洗浄してパッキン類も交換。
写真は撮れていませんが、サージタンクやスロットルなども洗浄して組んでいます。

フライホイールはノーマル。
ベアリングは交換です。

クラッチディスクはEXEDEYのSメタル。

写真撮り忘れていましたが、クラッチカバーはEK9シビックのタイプRのカバーに交換しています。
タイプRの方がEG6より強化です。

ミッションもハウジング内や外側も洗浄して使用します。
クラッチのレリーズベアリングも新品に交換して使用します。

こちらはローテンプサーモ、
サーキット走行を見越して交換しています。

エンジンを載せる前にエンジンルームも洗浄。
この時しかなかなか綺麗に出来ません。

ヒーターホースなどもこの時に交換。

エンジンマウントも5点とも交換。



積み込み後はオイル・クーラント・エアコンガスを入れ、まずはなじませてからエンジン始動です。

プラグとエアフィルターも新品交換しています。

エンジンも問題なく始動しアイドリングも快調。
慣らしてからまたその他の作業に進みます。
紹介お待ちください。

関連記事

ブログ

アーカイブ

PAGE TOP