車種別施工例

S2000 リアメンバー加工

S2000
リアにトラクションがかからないと言われる方が多々おられます。

コーナリングマシンのS2000ですが、リアにトラクションがかからないと
なかなかアクセルを踏んで旋回していくのが難しいですよね、

そこでリアの足の作りを見直し、トラクションがかかりやすいように変更する作業があるのです。

駆動がかかる時の足の動きを考えジオメトリーを変更してやるのです。
この作業は「リアのトラクションアップ加工」としてメニューにあり、
今まで施工したお客様の皆様が「1番変化が分かる足回り作業」と揃って
言っていただいており、好評いただいてます。
少し作業風景を紹介します。

肝になるリアの足回り

メンバーを車体から切り離します。

メンバーからナックルやアームやドライブシャフトを取り外します。

アームの取付やメンバーの車体との取付などを確認します。
そしてメンバーに補強も施し加工していきます。
この時取り付け位置の確認ですが、微妙な調整を何度も行ないます。
位置決め後にアームを取付けて確認し調整を行ない、
またアームを外して位置確認し加工していくのです。

そして完了後はメンバーにアームやナックルを取付け、車体に組み合わせます。

車に組み合わせてからの作業は、ジオメトリーが変更すると、
次にアライメントも合わさないといけません。4輪のアライメントを取り直します。

アライメントを合わせた後は、試運転して微調整を行ないます。

そして、動きが生まれ変わった1台が完成します。

今まで街乗りでも雨などで走行するのが怖いと言ってたお客様、
施工後は「安定感があり、以前と全然違います」と喜んでくれたり、

サーキットなどでもコーナーで「以前はアクセルを踏んでいくと
テールスライドするんじゃないかと怖かったんですが、
怖がらずに早くに踏んでいけるなった」との声も頂きます。

それだけ皆様が、疑問や不安なしで効果がすぐに体感できるからこそ、
言っていただける感想だと思います。

激変するメニューですので詳しくはお尋ね下さい。

参考ですがこの車両の場合

リアのトラクションアップ加工 (4輪アライメントも含めて)
・・・105,000円(税込)

▲pagetop